創業明治18年。今も変わらず安心・安全を運びます 株式会社マルカ

私たちは「心のこもった仕事」を旗印とし、社会の公器として安全作業の実施に力を注いでいます

第1回 マルカの産業廃棄物への取り組み

2011年7月07日

今回は、初めての記載ということで私ども、株式会社マルカの仕事の内容(許可)に関することを皆様にご説明しようと思います。 私ども、株式会社マルカでは、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を含む。)を行っている会社です。では、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を含む。)とは、どういった仕事かといいますと、排出事業者様から生じたゴミ(産業廃棄物に限る)を収集し、一旦、自社の施設へ集積し一定の量がたまったら中間処理業者及び最終処分業者へ運搬するという内容になります。収集運搬業者が産業廃棄物を収集、集積するには、必ずこの許可が必要になります。

収集運搬業の許可のみで、自社施設に産業廃棄物を集積した場合は、違法行為となりますので、排出事業者の皆様はくれぐれもお気をつけ下さい。
後、もう一つ、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を含む。)には、明確に日数が明示されているわけではありませんが、集積する限度日数が設定されています。それは7日間です。

廃棄物処理法施行令 第6条第1項
ホ 産業廃棄物の保管を行う場合には、第三条第一号チ及びリの規定の例によるほか、当該保管する産業廃棄物の数量が、環境省令で定める場合を除き、当該保管の場所における1日辺りの平均的な搬出量に7を乗じて得られる数量を超えないようにすること。
※ 廃棄物処理法の一部を抜粋させていただきました。

分かり難くて申し訳ありません。簡単に説明しますと、
1日平均のゴミの量×7=保管上限 となりますので、8日間以上の産業廃棄物を、施設に集積するという事は、法規的にいけないということになります。
簡単ではありますが、株式会社マルカでは、産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を含む。)という許可の下、日々コンプライアンス含め、お客様の産業廃棄物をよりよい形で処分することを、目指している会社です。